野良猫

口を押さえられて藻搔く

人それぞれ物差しが違って

測りかたも違う

その物差しがぶっ壊れてしまう

欲望?なんだろうね

何かが折れてから君はいつからか変わった

本性なのと笑い、私を蔑むかもしれない

 

悲しい

本当の愛を抱きしめたことがあるから

悲しかった

口を開けば災いって嘘じゃなかった

抱え込むよ

あの時口を押さえられて手を押さえられた

あの時抵抗できなかった

その感覚を背負って幸せのために

 

幸せは守るものだと

私は気づいた

私の幸せは自分で

自分の責任で守るしかないんだ

 

愛と欲の違いを知りながら

欲に負けたくはないと

 

あなたを守るために

また私は強くなるから

今だけは沢山の愛を

解凍

私は、よく思い出を解凍した。

寂しい時や悲しい時に、

キラキラしたあの頃を温め直す。

 

冷凍された思い出のストック。

ジップロックに1つずつ丁寧に入れてある。

たまに、あの頃によく聴いていた音楽やあの人が教えてくれた曲やブランドを聞いたり見たりすると、

勝手にレンジでチンされてしまう。

 

また冷凍するのは簡単だからいいのだけど。

 

そんな非常食が、私にはストックされているから、今の幸せが余韻を楽しむ前に冷凍保存されてしまう。

そのために、どんどん新しい幸せが欲しくなる。

なんて貪欲でめんどくさい人間なんだろう。

 

私はある時、あの時の彼にこう言った。

「幸せは砂時計みたいに落ちていくの。」って。

どんなに砂を入れても、

すーっと吸い込まれて消えてしまう。

過去よりも今の方があなたにしか作れないから、

より虚しくて。

 

過去は解凍できても、

今を解凍することはできなくて。

今はほかほかの出来立てだから、美味しいねって

あなたにこの笑顔を見せられる。

 

砂時計に幾度となく、砂を流し込んでいたら

いつの間にか砂が蓄積するようになって、

満ちる感覚を覚えて。

粘り強さに、根負け。

あなたがあまりにも温かいから、

冷凍するまでに少し常温で置いておくね。

それが余韻となってしあわせが

じんわりと温かみを感じる。

よく出来た話、そんな話をしていることを

あなたはきっと知らない。

 

じゃあ、冷まし終えたら

大切に保存するね。

朝方、目が覚めて

夕方5時、それは夜更かしした朝の4時

 

君と長電話したあとに眠ろうとしたあの時の明るさと同じ夕方の明かり

西日に朝を感じ、スマホブルーライトに夜を感じる

小さいことに気付ける私の脳は便利で時に不便利で

好きだった人の幸せを願うのに実際に見るとなんか胸が痛い

自分本意すぎ、

でもそれが自分の人生生きるってことなのか

いつも人生語って、正直暗いつまらない

もっとふざけたい、もっと好きな人に会いたい

もっと自分を大事にしたいもっと大切な人と美味しいご飯を食べたいどうしようもないことを話して笑って語り尽くしたい

もっと君から大事にされたい

 

大きな枠に囚われて小さなものが見えなくなるように、小さな枠に拘って大きなものを見失う

 

人生、色んなカラクリがあって、頭の良い人たちはそれを上手に使って自分を満たしていく

貪欲な人間は脳が刺激を何かを欲して首を絞める、掴めない何かを掴もうとする

掴もうとするから掴めるような気がする

 

台風に備えて、私がしたことは

充電とペットボトルに水を貯めただけ

死というものに抵抗がないことは危機管理能力が凄まじく無いということに繋がる

 

また明日もみんなが無理なく生きれる環境を祈る、自分に矢印が向けられるようにもなりたいと密かに願う

ビューティフル

美しさ、

それは瞼を閉じた時に感じるあの光。

みんなが口ずさむあの歌。

もう会えなくなってしまった記憶。

見ることができないあの人。

 

手からこぼれ落ちそうな

もう落ちてしまっている

そんな何かを掬い上げて透かして

あなたの美しさを感じたい。

 

僕らはいつも水面下に動いている。

話して触れて、真実なんて本当はどこにも無くて。

どこにもないから本当なんだと。

真実を探り合って、あなたを見失うよりも

あなたを手離したくないと縋って泣いているほうが真実なのではないのかと考える。

 

真実って、きっと自分を失いかけた先に

見えてくる何かでしかなくて、

その真実に意味を付けるのが君。

 

面倒くさいの裏側を常に考えてしまう私を

「また考えてるの?」と

優しく頬をつねって、微笑んでほしい。

 

それが私の望むもの。

umi

あの駅に降りてあなたの迎えを待つ。

ううん、私あなたを待ったこと一度もなかったね。

いつもあなたが1時間も前に、そこで待ってた。

心配性だからと、緊張してと、

情けなく笑ったあなたと雨風が強い中海辺を歩いた。

あの海は、もう誰の海でもなくて、

傘の中で見つめ合ったあの時間は

砂のように舞って消えた。

砂で遊んだ、君との時間が

私に時間を知らせてくれる。

あなたとの海はどんよりとした雲に包まれていたのに、

君との海は紛れもなく快晴だった。

 

遠い場所まで歩いて、何を話したのか

私は緊張で覚えていない。

君と会うと緊張が解けているようで

緊張している。

矛盾でいっぱいの私にそっと手を繋いでくれた。

私は、ずっと幻をみているようで

浮遊感で満ちてる。

君も浮遊感で満ちてるのかな。

いつか2人で海の底に足をつけられたなら、

きっと笑って抱き合うに違いない。

 

抱き合って、ちょっと見つめてキスをする。

それが君から注がれる光。

眩しくて、目が開けられなくなるほどに、

私の胸を焦がすんだね。

 

会っていない時間も

絶え間なく愛を注ぐ君を、

私は抱きしめて離さないよ。

そっと祈るように

蜻蛉

忘れないうちに、書き記す。

あの時の日差し、体温、鼓動、湿っぽさ、

会話、沈黙、目、横顔、

ふたりだけが触れ合えるあの時間を、

別れさえも愛おしく思い帰った夜を、

夢の中でも思い返して、現実と空想を行き来した。

君の顔が見れずに、見たあの景色が

眩しくて、横を見ても眩しくて、

触れたいのに触れられなかった。

 

こんなに奥手な私は、幼稚で。

いつも通りがいつも通りにできなくて、そんな自分を君に見られていると思うと、

どうしたら好きになってくれるんだろうって

思いふけてしまう。

 

恋は曲者。

 

君は臆病だと言ったけど、

本当は私も。似た者同士なのかな。

似た者同士に見えないから、心が似てるって

確証を得たい。

君が私の言葉1つで火照ったあの気持ちを

私は知りたい。私にも見せてほしい。

幾つになっても貪欲な自分。

 

マイナスとマイナスがくっつくと

プラスになるんですよ

 

って、あの日差しを見て言った君。

オレンジ色みたい。

いつまでも敬語な臆病な君に

少し身を委ねて、笑う。

 

そんな時間を幸せと、愛と言ってもいいかな。

君の渦は、いつもプラスで、

今日も君の横顔に見惚れてしまう。

 

 

二重幅

昨日、久しぶりに月が顔を出した。

そんな些細なことに胸を躍らせるのは、

きっと2年前の私と変わりがない。

時の流れに心寂しくなる時が、たまにある。

そんなたまにの時が、

ふと顔を出した月が誘い込む。

 

朝、眠たい中

無意識のうちにいつもの電車に乗り込む。

そして少し目を閉じて、また目を開ける。

二重幅に違和感を感じて、携帯でチェック。

疲れて、二重が三重になっていて、

ちゃんと休もうって自分に優しくなる。

 

朝、狙えば落とせる男との未来を考える。

昼、自分のこれからを考える。

夜、欲のままに弱さを肯定。

 

渦、なんだろうな。

私たちって、生まれてからずっと渦にいて

その渦は日に日に早く回る。

 

止まるなんて、

渦に飲み込まれていたらわからないよ。

愛も恋も寂しいも、きっと渦なんでしょう?