はやくして

私は、最果タヒさんの詩が好き。

タヒさんのツイートを引用して「生きていることが寂しい」とツイートしている人を見た。なんで寂しいんだろう。わたしたちは、ぽかぽかの胎内ですくすくと大きく育ってこの世に生を得た。そして、あたたかな愛に包まれて育ってきたはずなのに。どうして、こんなにも寂しいんだろう。わたしのこと好きじゃない世界ならわたしはこの世界が嫌い。

あたたかな気持ちになれるのは冷たくされるから。寂しいのはしあわせを知ってるから。しあわせは生まれた時からきっと内側にあって、寂しさは年齢によってずるずる引き出される。

内側のしあわせを守るために、外側を気にする。何がしあわせでふしあわせか。わからない。その場しのぎでいいや。嘘ついても、これで寂しさが少しでも紛れたらいいの。

でも寂しさは、計り知れなかった。もはや寂しさが一人歩き。しあわせは1人で歩かない。ちゃんとわたしも連れていってくれる。だけど、寂しさは置いてけぼりにするの。もうほっといて。誰も見つけないで。ここにいることが恥ずかしい。誰かじゃなくてあの人に見つけて欲しい。ずっと、抱きしめて欲しい。きっと生きていることが寂しい気持ちは、すぐにしあわせが返ってこないから焦らされてるような気持ちからじゃないかな。それもまたわからない。わからないを探す。わからないがしあわせ。わからないことが寂しい。わからないことがあの人とわたしのため。寂しい未来。これが今はしあわせ。ばかみたい。それでもいい。これもわたしの計算なの。気づいてほしいのはあの人だけ。

 

早く迎えにきてって何度も連絡してるのに。

 

入浴剤

音に溺れる

 

泡のように浮かんでる

ただそこにいて

揺れている 刹那

 

誰にも言えないこと

たくさんの秘密をひとつの体に

集めて、不安で苦しくなる

 

どうして秘密は隠し事は

増えるばかりなのに

私たちの体はひとつしかないの

 

苦しくてもう泡になって消えてしまえ

こんな罪、こんな不安

 

内側からドクドク聞こえる

これもわたしの知らないわたしの秘密なのかも

 

あの瞬間だけが

わたしを救ってくれる

でも刹那、泡みたいに

すぐにわたしから消えてしまう

 

いつかわたしは言ったの

あなたって布団みたいな人ねって

不安でいっぱいのわたしを

あたたかな愛で包んでくれた

 

あれもたぶん消えちゃった

あなたから

 

わたしの言葉もまた泡なのね

もう思い出せない

ただあなたの中でわたしがゆっくり

静かに漂ってるだけ

 

届かない

溶けていく

混ざっていく

 

心地よく

観覧車

Mr.Childrenの「抱きしめたい」が

どこからか流れてきた

 

緊張してしどろもどろしながら

牛乳を一気飲みした君を思い出した

 

緊張して喉が渇いて

こうしないと、あなたの隣にいることが

喋ることができなくて

 

その時、君を守ろうと私は思った

愛しい、行動が愛しいと思ったのは

人生で初めてだった

こんな初めてを人生で貰えるなんて、

なんかおかしい

 

なんかおかしい君と

観覧車に乗って

何を話したかな

 

キラキラした街を珍しいと語りながら

君は笑って目を合わせずに一周回って

 

苦手なジェットコースターにも

私となら乗れると強がった

 

まただ、愛おしいって

あの瞬間瞬間が私にとって

青春でキラキラしていた

 

あの頃からか

キラキラしているものが好きになった

そして同時に私もキラキラしていたい

 

君の目から離れないように

見逃さないように

私はどこまでも高くあり続けたいと

 

こんなことをたまたま飲んだ牛乳と

偶然流れてきた音楽に思わされる

 

これもまたフィクションかノンフィクションか

騙されたいなら騙されて

 

私の手の中で

 

11月のメモ

腐った花を見た

もうあの頃には戻れない

命は戻らない

時間は命を食べ尽くす

 


夜に世界とつながる

星と一緒に呼吸する

 


水がないと腐る

いつも何かを吸って吐いて

生きのびる

繋げた 命 今日も

 


街灯の灯りの中で

今日も今日も、と押し込めた

 


私を押し込めて

今日を押し込める

 


いやだよ、もう、

こころをもっと知ってほしいのに

 


もう終わりね

人間を続ける

人間をつなげる

飽和している中で

見えない何かを探してる

 


見えるものを失って

見えないものを浮かせる

 


譲らないって何だよ

 


譲るから貰うから

人間は誰か誰かと繋いでいく

 


簡単に言うな

繋ぐということは覚悟だ

失うということは覚悟だ

 


発見することは失うこと

 


命を守る、繋げる

このノンコミュニケーション時代に

突入している我々に

何を今

救えるのか

何を今

 


言葉は希望だ

希望は

絶望も教えなければならない

 


それが新しいものを生み出すことだ

 


かけがえのないものは

当たり前を失ったから、見えたのね

 

 

 

 

前世

7秒抱きしめ合うと絆が深くなるらしい

 

私と君が愛し合ってた時

前世の話をたくさんしたね

 

  前世僕たちはきっと兄妹だったんだよ

  あなたが僕の姉だったら幸せなんだ

 

前世なんてわかるはずないのに

私たちはそれを言葉の表現に使った

 

私は強くなった、強くなったよ、強くなったはず、みんなから頼られるように、それに応えられるように、思想を持って、考えることをやめない、もしやめたら、私は生きる意味がないから、そんな風に思い込んで、強く生きていこうとしている私は、弱くない、そう言えば弱くないと思った、それでも心は幼いままで、溜めて溜めて、何も言えず、誰にもSOSを出さず、黙ったまま、生と死の境界線をふらふらと歩く、情けない、やっぱり私は1人では生きれない、私は生きる支えが確実なものとして欲しいの、人はすぐに変わるから、人はすぐに裏切るから、人はすぐに離れるから、人はすぐに消えてしまうから、だから私は私を支えるための何かを私の中に生み出せば、何かが変わるとも思った、でもそれはただの思想だ、形なき思想、行動に移したなら、きっともうここにはいない、それくらい脆い、ただ抱きしめて欲しい、ただ頭を撫でられたい、私が考え込んでしまって答えを追い求めている時に美味しいご飯を食べに行こうと言ってほしい、甘えたがりなの、本当は、本当が何かわからないけど、きっとその行為は逃避なんだろう、しかし現実とは理想からの逃避であり、理想からの逃避は堕落だ、お前がお前を諦める、それが堕落、もう自分で答えを決めよう、革命が欲しい、私に足りない、刺激が欲しい、私私私私、余裕ない、自分で首を絞める、何か神聖なものを、信仰したい、これは逃避なのだ、私が私でなくなるための、ある種の自殺、一度二度生まれ変わらなければならない、思想を持つ者ならば

 

理解なんて

いらないんだよ

受け入れる

それができたら

きっと私たち前世で

そして今世で

来世はさよならかもよ

綴る思い

私が言葉を綴る理由は、特にない

でも、特技だと思ってる

 

今日は私的な話を特別にするよ

 

私には大切に思う人たちが沢山いる

決して多くはないかもしれないけど、

私ひとりにとっては多い

 

勝手ながら、

その人たちのことを私の分身だと思っている

姉妹、兄妹にも近い分身

だから、私は彼女ら彼らに全力だ

形のない愛を言葉で形にして、

ときには行動で愛を形にして、

私よりも私、私よりも傷ついて欲しくない

 

傷なら私が請け負う

 

そういう覚悟がある

 

救い

それは人生のキーポイント

救いや祈りがあるからこそ

人は涙を流す

 

大切な人の大切な人、

その人の好きだったものを知らないで買っていた

思いが偶然という形で現れた

 

その時思ったんだ

愛おしいなって

 

決して言葉にはできようもない

心の動きがわかった

 

生きることに退屈だった

何にも魅力を感じない

電車に乗っていると屍人のように感じる

 

そんな私にもまだ心が動くことが

嬉しかった

 

涙は溢れるもので

止められるものではない

たくさんの救いがこれから待ってる

そう予期してるように絶え間なく流れる

 

私にはそれが神聖な何かに見えた

 

人間って一人一人別個体であるからこそ

思いも考えも想像できない数あり、

喜び悲しみ傷みを敏感に感じてしまう

 

だからね

季節くらい優しくしてよね

この頃急に冷たくなるんだもん

優しくされたい

優しくしたいから

 

絶え間なく何かを届けたいんだよ

バレエシューズ

こんな小さい足で私は立っていたんだ

心も身体も、もうどこにもない

ボロボロ

それなのにこの小さな足で前に進んでいた

走ってた

 

ママはどこにいるの

確か、私よりも足が小さかった

それなのに、強く強く生きていたね

 

泣いちゃだめって教わったの

だから人前では泣かないの

強い女になるって約束したから

 

泣いちゃう時は鏡の前だけね

自分は自分で慰めるの

そしたら強くなれると思うの

 

でもね

ぐちゃぐちゃになって

立てなくなったら、優しく背中を撫でて欲しい

そう言わなくても撫でてくれた優しさ

忘れない

 

あったかい冬は嫌い

しんとするくらいに冷たく涙ぐむような冬でいてほしい

そうしたらまた頑張らなくちゃって

思うからお願い

 

雪を見るとね、真っ赤な傘をさして

雪を食べたあの日を思い出すの

しもやけになりそうで、それでも楽しかった

あの日を

 

またこの小さな足で歩く

今日も明日もまた次の日も